ブリス菌 副作用

新しい成分!?ブリス菌の副作用について

ブリス菌は虫歯と戦う良い菌と聞いたことがあるけど、あまり聞きなれない菌の名前です。

 

子ども向け歯磨き粉を探している人の中には、ブリス菌が配合された【ブリアン歯磨き】が注目を集めているので気になっているという人もいるのではないでしょうか。

 

だけど「ブリス菌って何?副作用とかないの?」心配という人もいるのではないでしょうか。ブリス菌がどんな菌なのかを詳しく説明していきます。

 

 

ブリス菌とは

 

ブリス菌は正式には「BLIS M18」といわれています。この菌は簡単に言うとお口の善玉菌のようなものです。

 

体内には様々な菌が存在しますが、例えば分かりやすく腸の中を例にとって話を進めます。

 

腸内には、善玉菌と悪玉菌が存在します。悪玉菌が増えすぎると病気になったり体調の不調を感じたりします。善玉菌は悪玉菌と戦いながら絶妙なバランスでお互いに存在しています。

 

何らかの原因で善玉菌が不足し病気になると病院などで薬が処方されます。処方された薬には増えすぎた悪玉菌を退治してくれる効果がありますが、それと同時に良い菌である善玉菌まで除菌してしまいます。

 

これと同じようなことが口の中でも起きていると考えてください。

 

 

「BLIS M18」が善玉菌の働きをし、虫歯菌が悪玉菌の働きとします。

 

善玉菌である「BLIS M18」は虫歯菌と戦い追い出そうとする働きをもっています。

 

一方、虫歯菌が増殖すると虫歯になってしまいます。虫歯菌を追い出そうと毎日歯磨きをします。

 

しかし、市販の歯磨き粉の多くには、抗菌剤と呼ばれる菌を退治する成分が含まれています。

 

虫歯菌を退治することができているかもしれませんが、同時に善玉菌である「BLIS M18」も殺してしまっていることになります。

 

また、その歯磨き粉で虫歯菌を全て退治することが出来れば良いですが中々上手くいきません。

 

そのため、毎日歯磨きをしているのに虫歯になってしまうのです。ブリス菌が生きたまま口の中で戦える環境を整える事で虫歯予防に効果を発揮します。

 

 

善玉菌と同じと考えると例えば、「ビフィズス菌」などは身体に副作用を与える事はありません。

 

同様に「BLIS M18」にも副作用など危険なことはありません。

 

 

海外では、ブリス菌が発見され研究されて30年以上経っています。

 

また、商品化されて6年以上が過ぎていますが身体の副作用に関しては報告があがっていません。さらに、アメリカの細菌の安全レベルを数値化したものでは、最も安全なレベル1の細菌である認定を受けています。

 

ブリス菌はもともと海外でしか培養されていなかったことや熱や水に弱い性質などから日本への輸入が行われていませんでした。

 

そのため、あまり周知されていませんが海外ではすでに長年虫歯予防の効果を持つ菌として重宝されています。

 

 

ブリス菌と日本ではあまり聞きなれないかもしれませんが、海外ではすでに市販でさえ商品として販売されています。

 

多くの研究成果から論文等も発表され安心して体内に取り入れることができます。

 

また、ブリス菌が配合されたブリアン歯磨き粉は身体に害となる不必要な成分を全く含んでいないためより安心して使うことができますよ♪

 

>>ブリアン歯磨き粉についての記事ページ

 

 

 

ブリス菌の効果は沢山聞くけど、副作用はないの?関連ページ

ブリアン歯磨き粉って本当に信頼できる?
ブリス菌配合のハミガキ粉「ブリアン(Brian)」新しい成分・ブリス菌だから危険じゃないかと心配する人も…。ブリス菌とブリアン歯磨き粉の安全性に関する情報!
ブリス菌は虫歯予防ができるというのは嘘?
ブリス菌は嘘!?子供の虫歯予防に効果的と評判のブリス菌は本当に良いものなのか?心配する人も…。ブリアン子供用歯磨き粉で虫歯菌除去は可能なの??

 
▽ブリアン歯磨き ▽ブリス菌